最近の御守り事情

  • 2016年02月11日

受験シーズンですね。
先日、名古屋市中区の“桜天神社”へ、身内の受験合格祈願に行ってきました。 “桜天神社”は、服部国際特許事務所から自転車で5分程の場所にある小ぢんまりとした神社です。

昼休みの時間帯だったのですが、シーズンまっただ中ということもあり、人が絶えることなくお参りをしていました。
お参りした後に御守りの購入をしようとしたところ、通常の小袋型のお守り以外に、カード型の御守りがありました(画像)。
 
160210_画像
 
4年前に購入した時はなかったように思いますが、今はカード型のものもあるのですね。カード型のものだと、他のカード類と一緒にカード入れに入れておけば携帯にも便利です。私は今回初めて知ったのですが、世の中にどのくらい出回っているのか気になって調べてみたところ、かなり多くの画像が出てきました。カード式御守りは結構いろいろなところで販売されているようでした。
更に驚いたのは、マイクロSDカードの御守りです。京都・虚空蔵法輪寺が販売する「マイクロSD御守」には、同寺の本尊である虚空蔵菩薩画像データ入りとのこと。確かに端末画面に設定しておけばいつでも拝むことができますね。こういったところにもデジタル化が押し寄せているとは驚きです。

タイムでした。


桜天神社 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E5%A4%A9%E7%A5%9E%E7%A4%BE

嵐山 虚空蔵法輪寺(公式)
http://www.kokuzohourinji.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です