近代化産業遺産 「愛岐トンネル群」

  • 2015年12月07日

 マロンです。
 先日、愛岐トンネル群の特別公開に行ってきました。

 

 愛岐トンネル群とは:
http://kouyanohikari.jimdo.com/%E6%84%9B%E5%B2%90%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB%E7%BE%A4%E3%81%A8%E3%81%AF/

 

 愛岐トンネル群は、現在のJR中央線の高蔵寺~多治見間の13km間にある13基の総赤レンガトンネルのうち、愛知県側1.7kmが、経済産業省の「近代化産業遺産」に認定されています。ちなみに、「近代化遺産」は、文化庁が定義するものだそうです。          
 13基のトンネルの坑門は1つとして同じデザインがなく、意匠にもこだわって作られたものだそうです(NPO法人 愛岐トンネル群保存再生委員会配布のパンフレットより)。

 

 愛岐トンネル群は、基本的に非公開ですが、毎年春と秋に一部を一般公開しており、定光寺駅からの1.7km区間を散策することができます。今年は暖かかったためか、紅葉はまだ少し早い感じでしたが、気持ちよく廃線跡のトンネルを歩くことができました。
 気分は、Stand by Me!(廃線跡といっても線路はないのですが・・・)

 

 写真1 写真2 写真3

 

(参考URL)
NPO法人 愛岐トンネル群保存再生委員会
http://www.geocities.co.jp/ag_tunnel/index.htm

近代化産業遺産(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/policy/local_economy/nipponsaikoh/nipponsaikohsangyouisan.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です