お絵描きしたい

  • 2016年04月27日

スイマーです。
先月、突然手持ちのタブレット上でデジタルお絵描きがしたいと思い、最寄りの電化製品量販店へ行ってきました。
絵を描くには、まず下描きをしてその上から主線を描きます。もちろんタブレットは指で描くことも出来ますが、より思い描いた線画ができる(はずの)「スタイラスペン」というものに興味が沸いたのです。

この日は目的の物が見当たらなかったので、売り場をまわっていて気になった筆状のペンを購入。短い刷毛のように先端が太く目的のお絵描きには向いていませんが、通電する繊維で出来ていて、柔らかく画面に傷が付きにくい優れもの。手が汚れている時に携帯を操作するにはとても便利な物でした。
次に買ったのは、ペン先に樹脂製の円盤が付いたペン。これが目的の物です。これは先端がとても細く、付いている円盤は透明なので画面のほぼ思うところに線が引けました。手描きや、専用の機器を使うのに比べると筆圧などの使い心地は劣りますが、この製品もとても満足しました。

今回購入した2つの製品は「スタイラスペン」という同じデジタル入力用ペンですが、その意匠は全く違っていました。幸いどちらの製品も気に入りました。しかし、同じ種類に分類される製品でも使う側の用途によっていろいろなアプローチがあり、様々な選択肢の中から自分が本当に使いたい物を選ぶのはとても難しいことだと改めて感じました。

どれだけ良い道具を揃えても、描くのが上手くなるわけではない。それはわかっていますよ。

Wikipedia スタイラス→

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%B9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です