スマートフォンに依存する発明

  • 2016年05月18日

 ジンです。
 今日は、TIME誌が選んだ2015年のベスト発明のうち、スマートフォンに関連するいくつかの発明を紹介します。

 Sproutling Baby Monitor(赤ちゃんモニター)
 Sproutling Baby Monitorは、AppleとGoogleの元従業員が小児科医の協力を得て開発した赤ちゃんモニターです。スマートセンサーが内蔵されており、赤ちゃんの心拍数、皮膚温度、動き、および位置を検出するだけでなく、赤ちゃんの睡眠習慣を学習し、赤ちゃんが目覚める時間を予測することができます。また、スマートフォンのアプリと通信することができ、赤ちゃんの状態をスマートフォンで把握することができます。

赤ちゃんモニター
(画像原:http://www.sproutling.com/)  
 
 Here Active Listening(環境音イコライザ)
 Here Active Listening は、米国のDoppler Labsが開発した、環境音をリアルタイムで調整できるイヤホンです。Here Active Listening は、通常のイヤホンとは異なり、ユーザーが聞こえるすべての音を「調整」することができます。もちろん、スマートフォンの専用アプリで「調整」を行います。

環境音イコライザ
(画像原:https://www.hereplus.me/


 Pantelligent(スマートフライパン)
 Pantelligentは、マサチューセッツ工科大学OBであるHumberto Evansが開発した「スマートフライパン」です。Pantelligentは、フライパン内部の温度センサーからの温度情報をリアルタイムでスマートフォンの専用アプリに表示します。専用のアプリは、Pantelligent に最適化された多数のレシピが記憶されてあり、温度センサーからの温度情報に基づいて調理手順をレシピ通り案内します。

 スマートフライパン
(画像原:https://www.pantelligent.com/


スマートフォンに関する発明は、これからももっとでてくるでしょう。生活に密着するスマートフォンは、ますます手放せない時代になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です