今年から来年へ、希望をつなぐ
「しりとり(끝말잇기=クンマリッキ)」

  • 2013年12月24日

 2013年も残すところわずかとなりました。もうすぐ新しい年の始まりです。ところで、「終わり」から「始まり」につなげるものと言えば「しりとり」ですね。そこで、年の終わりにちなんで、特許に関する言葉を韓国語でしりとりしてみました。特許法の用語には参照条文を記載しました。では、「発明」からスタートしましょう。なお、韓国語のしりとりに興味のある方は、下記サイトをご参照ください。
上級韓国語


 발명   パルミョン/発明(特許法上の発明とは、「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの」をいいます(特許法第2条第1項)。)
 ↓
 명확   ミョヌァク/明確(特許請求の範囲の記載要件の1つは、特許を受けようとする発明が明確であることです(特許法第36条第6項第2号)。)
 ↓
 확정   ファクジョン/確定(拒絶査定の謄本の送達の日から3月以内に不服審判を請求(特許法第121条第1項)しない場合、拒絶査定が確定します。)
 ↓
 정보제공 チョンボジェゴン/情報提供(何人も、他人の特許出願が拒絶理由を有している可能性があることについて、特許庁長官に対し情報提供することができます(特許法施行規則第13条の2)。)
 ↓
 공개   コンゲ/公開(原則として特許出願の日から1年6月を経過したとき、出願公開されます(特許法第64条第1項)。)
 ↓
 개시   ケシ/開示(出願人は、特許出願時に知っている先行技術文献を明細書中に開示する義務があります(特許法第36条第4項第2号)。)
 ↓
 시험연구 シホムヨング/試験研究(特許権の効力は、試験又は研究のためにする特許発明の実施には及びません(特許法第69条第1項)。)
 ↓
 구성하기 クソンハギ/構成すること(構成とは、いくつかの要素を一つのまとまりのあるものに組み立てること。発明を特定する上での最も基本的な概念です。ちなみに、韓国語の(キ/ギ)は動詞を名詞化する語尾です。次の기술자につなげるために、ちょっとズルしました。)
 ↓
 기술자  キスルチャ/技術者(発明の生みの親です。)
 ↓
 자발   チャバル/自発(拒絶理由が通知される前に自らする補正を自発補正といいます。)
 ↓
 발명   パルミョン/発明

 このしりとり、「発明」に始まり「発明」に終わりました。私ども特許事務所の仕事は、技術者の皆様の発明があってこそ成り立ちます。新しい年も、是非、発明に始まり発明に終わる、そんな1年であってほしいと祈っています。今年一年、本当にありがとうございました。2014年もどうぞよろしくお願い申し上げます。(KO)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です