増税前の衝動買い

  • 2014年04月16日

こんにちは。マロンです。

 4月になり、消費税が8%に上がりましたね。
「特売になりやすい日用品は駆け込みで買う必要はない」と知りつつも、ラップや洗剤、冷凍食品などを、3月中についついまとめ買いしてしまいました。

 増税前に駆け込みで買った最大のお買い物はコレ!
140416-02.jpg
【写真】
 「Kindle paperwhite」です。写真は専用カバーをつけた状態です。

 テレビCMなどもやっていますので、ご存じの方も多いと思いますが、amazonの電子書籍です。「買おう!」と思い立ったのが遅く、3月下旬だったため、3Gモデルは入荷待ちで届くのが4月中旬、でも「今すぐ欲しい!」と思ってWi-Fiモデルを購入しました。
 手元に届いてから増税前の数日で、とあるマンガ全25巻を大人買い。大人っていいですね。学生の頃を思い出すと、夢のようです。
 何十冊のマンガを持ち歩くわけにはいきませんが、そこはさすがの電子書籍。これ1つを携帯することで、通勤時間や病院の待ち時間などがすごく楽しくなりました。また、家族が持っている「Kindle Fire HD」と比べると、機能を書籍に特化させている分、目にも優しく、バッテリの持ちもよいです。ただ、マンガの場合は、クライマックスで見開き2ページを使っているところが1ページ分での表示になるのがちょっと残念ですが…

 Kindleの場合、電子書籍の購入は、Kindle端末またはパソコンから「1-Click注文」で購入できます。1巻を読み終わると、次の巻が関連書籍として表示され、クリックすれば購入できるという手軽さは、衝撃的でした。これまでもネットショッピングは利用していましたが、注文内容や配送先の確認、最終確認など、いくつかのページを遷移して購入するのが当然だと思っていました。「1-Click注文」は、クリックと同時に購入確定、即配信されるので、間違って購入してしまった場合のキャンセルはできるとはいえ、「え?これで買っちゃったの?」と最初はかなり戸惑い、まだその感覚に慣れていません。

 この「1-Click注文」は、1997年にアメリカで所謂「ワンクリック特許」として出願されています。ビジネスモデル特許の先駆けともいえるもので、当時ボイコット運動なども起こったため、記憶に残っている方もいらっしゃるかもしれません。また、Apple社は、この特許のライセンスを受けているそうです。

 日本でも、このアメリカ出願特許を基礎出願とする優先権主張出願(特願平11-298123)の分割出願2つが、いずれも平成24年に特許になっています(特許第4937434号、特許第4959817号)。
 ご興味のある方は、特許電子図書館(IPLD)で詳細を見ることができます。

 電子書籍の便利さを謳歌しつつも、図書館に行くと、やっぱり紙の本もいいなぁと思っていろいろと借りてしまうマロンでした。
 (マンガばっかり読んでいるわけではないですよ。)

*Amazon ,Kindle ,Kindle Fireは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です