FIFAワールドカップ&スパイク

  • 2014年06月27日

 ジンです。
 6月12日、4年一度のFIFAワールドカップが開幕しました。
 ワールドカップを観戦するとき、サッカー選手達の華麗なプレーを絶賛する人は多いですが、その華麗なプレーを支えるサッカー選手のスパイクを注目する人は少ないでしょう。
 スパイクは、サッカー選手の鎧の一部でありながら、サッカー選手の大事な得点兵器でもあります。今日は、この得点兵器についていくつか紹介したいと思います。

 まずは、adidas社のmiCoachが仕込まれているスパイクです。miCoachとは、選手のパフォーマンスを把握するセンサです。miCoachをスパイクに仕込むことで、スピード、リズム、運動量、消費カロリなどを解析し、トレーニングの計画を策定することができます。この技術は、すでに、メッシ、ファンペルシー、ランパードなどの各国を代表する一流プレイヤーに認められています。
 (関連特許:EP1457128 B1)
140627-01.jpg
http://shop.adidas.jp/pc/item/detail.cgi?brand_code=110&itemCd=110_V42038&itemGrcd=110_SB489&itemDir1=12SS

 次は、Nike社のMercurial Superflyです。このスパイクの最大の特徴は、足首までフィットする形状を有することで、足首への負担を軽減することができることです。ポルトガル代表C・ロナウドが演じるCMを見れば、その素晴らしさを感じることができます。
 (関連特許:米国公開特許US2014137433 A1、米国公開特許US2014137434 A1)
140627-03.jpg
http://store.nike.com/jp/ja_jp/product/mercurial-superfly-id/?piid=37445&pbid=1007538259#?pbid=1007538259

 最後は、mizuno社のIGNITUSです。IGNITUSの特徴は、容易に無回転シュートを蹴ることが可能なアッパー構造を有することです。日本代表の本田圭祐選手は、IGNITUSのおかげで4年前の南アフリカFIFAワールドカップで、大活躍しました。
 (関連特許:日本特許登録第4886922号)
140627-02.jpg
http://products.mizuno.jp/c/item/P1GA143050/023001004

 どれも、素晴らしい特許技術が使われています。ぜひとも、自ら体験してみたいです。自分としては、やはり日本のmizunoのIGNITUSを履いてみたいですね。

 参考:http://www.astamuse.co.jp/column/p-24.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です