特許事務員の一日

  • 2011年09月09日

こんにちは、事務員の譲渡証書です。
いきなりですが、特許事務所と聞くとどのようなイメージをもちますか?
なんかおカタそう、でも何してるのかよくわからない・・と思われる方が
多いと思います。
特許事務所は、特許出願及び関連手続の代理業務を担っています。本日は
簡単に私の1日をレポートしたいと思います。
私の担当業務は、国内事務及び外内事務です。庁書類の受発信がメインの
仕事です。

出勤:まず事務所データベースで本日の期限をチェック。特許庁に提出する
期限がきているものがないか、チェックします。まだ処理が済んでいないも
のは技術担当者に連絡したり、外国の代理人にリマインダをしてもらうなど、
臨機応変に対応します。(期限管理は特許事務員の大事なお仕事のひとつです!)

午前中:前日に出願したものの後処理をすることが多いです。顧客への控え
書類作成・請求書発行などなど・・また、朝は比較的頭がさえているので、
簡単な翻訳をすることもあります。技術の方々が作成したコメントや、外国か
らの指示書などを訳します。

午後:ランチ後はおなかいっぱいで、頭がボーっとするため、できるだけ眠く
ならないように体を動かします(笑) 顧客に送付する書類等を準備し、郵便
処理に回します。

午後のメイン活動は、出願処理をすることです。出願だけでなく、中間処理や、
年金を支払ったり。すべてオンラインでできてしまいます。送信ボタンを押す前に、
不備がないか丹念にチェック!ひとつの手続をしたら必ず、事務所データベース
&包袋に記録します。番号や日付はきちんと入力し、チェックに回します。
→急ぎの案件がなければ、簡単に明日の準備をし、退社します。

いかがでしたか?特許事務には、他にも色々な業務があります。事務所の雰囲気は、
静かですがとても和やかです。気さくな人もいっぱいいます♪
このブログを通し、少しでも服部国際特許事務所のことを知っていただけたらと
思います。
事務所のサイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です