弁理士試験合格後の弁理士登録率

  • 2011年12月28日

 平成23年度弁理士試験の合格者は721人、この中から平成23年12月~平成24年2月に行われる実務修習を修了した人が弁理士登録をすることができます。ただし、諸々の事情で今年度の合格者が来年度以降に実務修習を受ける場合もありますし、実務修習を修了してから弁理士登録をするまでの期間にも制限はありません。そのため、平成23年度合格者中の正確な弁理士登録率を調べることは多少困難です。参考までに、昨年度(平成22年度)の合格者について調べてみると、弁理士試験合格者は756人、一方、平成23年4月1日以降12月14日までの弁理士登録者数は588人となっています(日本弁理士会ホームページ、「弁理士ナビ」より)。したがって、平成22年度の合格者数に対する新規登録者の割合は78%となります。(KO)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です